2016年03月31日

毎日をもっとゆっくりと

「毎日をもっとゆっくりと」(ベニシア・スタンリー・スミス)。最近、出会った詩集です。あまりにも気に入ってしまい、友人たちにも贈呈しました。ページを開くと、ぽかぼか日光の射す温もりと、大地のような根強さを感じました。
本物は嘘がなくてシンプルで美しいと実感するこの頃。言葉は人柄を写す鏡だと思います。言葉で、人を生かすことも殺すこともできます。それゆえ慎重に言葉を選ばなければ、怖いです。最近、とみにそれを感じます。言葉が痛いのは、もう沢山です。命を発するのが言葉なのだから。
この詩集の、アイボリー色の暖かな表紙とシンプルなイラストにも惹かれます。作者の紡ぐ詩のイメージとピッタリ合っています。そして、何より紡ぐ詩のひとつひとつが生きていて、じわじわと心に響いてきます。
京都、大原での暮らしで本当の宝物を見つけたイギリス女性の心安らぐ言葉で、きっと本当の自分を思い出すでしょう。
どれも素晴らしい詩ばかりなのですが、あえて今、私の心に響くものをひとつ選び、抜粋して紹介しておきます。
「生活のわび・さび〜から抜粋」
私たちは皆、それぞれ感じる力を与えられています。自分にとって心地よいものは、気に入ります。そして、満足と幸せを感じます。
けれど、私達はそれを忘れて、他のことを優先してしまいがちです。
あれもこれもやらなくちゃいけないと、自分にとって本当に大切なものは、後回しにしてしまうのです。
本当に必要なのは、毎日のペースを落とすこと。 そして、日々の生活に安らぎと静けさを感じること。
それを忘れているのです。
「わび」とは、暮らしの中のシンプルなものに、静かな新鮮さを感じること。
「さび」とは、全てのものに、はかなさを感じること。
私たち誰もが、今生きているという幸運に恵まれています。
心を静めて、この一瞬一瞬を喜びましょう。

ベニシアからの言葉の贈り物 毎日をもっとゆっくりと


posted by 生支州 at 20:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

解毒のドアが開きました

春の解毒の時期到来。桜の花びらが開花したかのように、私の目の前で大きな解毒のドアが開きました。
プライベートで目に入ってくるもの全てが、解毒を促すものばかり。私の源なるものから「逃げるなよ。意思を固めよ。」というサインなのです。身体にも精神にも、今までサインは出ていたのですが、忙しさにかまけて放っておいていました。
この春は、もう逃げられません。いよいよ本気でクリアな身体に戻す決心をしました。
明るい未来のために。
☆3月の東京セッションでは、クライアント様からも学ぶことが沢山ありました。気づきというギフトを与えて下さった皆様に、心から感謝致します。貴重な時間を有難うございました。
四月の東京セッションでは、この学びから得たものを糧として、シンプルなセッションに繋げていきたいです。
四月が楽しみです。
posted by 生支州 at 13:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

皆様へ

先日アップした内容を読んで「もう会えなくなるのですか?」とクライアント様から心配をされてしまいました。
誤解を招くような文章を書いてしまいまして、誠に申し訳ありませんでした。
これからも変わらず個人セッション中心に仕事をしていきますので安心して下さい。
今年になって、セミナーを再開してみたところ、スケジュール的にも労力的にも厳しい事を実感したため、仕事のやり方を調整するという主旨の表現でした。
セミナーは、余裕ができたら、また再開があるかもしれません。現段階では、ひとまず今年四月のセミナー以降を休止します。
皆様も実感していると思うのですが、今年の天体の動きからくる波動も大変厳しいです。土星、ドラゴンズ・ヘッドの位置や、色々な惑星の逆行による揺さぶりで「自分の立ち位置をしっかり定め、己をいかに信じてぶれずにいけるか」を皆が問われているような気がします。

私は、数年前までは、呼ばれれば全国何処にでも精力的に出張をしておりました。
そうやって何十年かを経験して学んできた結果、自分にとってのベストなやり方、「自分主催」に徹底することだという結論に至りました。
私のリーディングを気に入って下さった全国のご縁ある方々より、嬉しい出張のお誘いもあります。そのお気持ちに感謝しながらも、私の信条により、お断りさせて頂いております。どうかご理解下さい。

生意気かもしれませんが、私が目指しているのは「生支州さんがいるから仙台まで会いに行きたい」という隠れ家的な居場所でありたいというものです。
足るを知る。私が大事にしている言霊です。
自分や家族の心身の健康を優先して、無理なく健康的にベストな仕事をして参りたいと思っています。
これからも精進して参りますので、どうぞ宜しく御願いします。
posted by 生支州 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

お知らせと近況報告

「桃始めて笑う」七十二候では、桃の花がほころび、花が咲き始めるころをこう呼んでいます。この言霊自体に、私は強くてしなやかなエネルギーを感じます。
☆皆様にお知らせと報告があります。個人セッションが忙しくて余裕がなくなった事と、今年の波動現象が思った以上に激しい事から、心身のコンディションを守り整えることを最優先にすることにしました。セミナーは4月のを終えたら、また暫く休止します
今後は、また個人セッション中心です。
※東京セッションは、4月以降は波動を見ながら、調整に入ります。(急ぐ方は早めに申込みを。)
私からの情報を楽しみにしてくださる方達だけでなく、初めて私を知った方にも真に役立つリーディングをしていきたいのです。そのためには、自分自身がもっとしっかり精進する必要があると感じました。
☆ジュピターメッセージの完成度もより高めて参りますので、これからも私のブログを要チェックして下さいね。
※詳しい「世の中の波動レポート」が欲しい方は、私のセッションを対面か通信(御返事は手紙で郵送)で申し込んで頂ければ、無料でプレゼントしています。(今までのリーディングは、殆ど現象化してきております。)
3月9日以来、はっきりと物事の変わり目を意識しました。これから、透き通った風を吹かせようと思います。
※薔薇の花やローズウォーター、ローズクォーツ、セレスタイト、ラベンダー、マージョラムは「不調和・不安定・焦り・行き違い」など今の時期のマイナス波動から優しく守ってくれます。植物と石療法です。是非、役立てて下さい。
あなたが平和でありますように。
posted by 生支州 at 07:21| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

ジュピターメッセージ

天体の木星(幸運力・拡大・楽観性など)が今年の1/8〜5/8まで逆行しています。他の惑星とのバランスが悪く、現象として、はっきりいって良くない波動を作っています。
本来ならば良くなるべき状況にストップがかかっていませんか?また、何かマイナスがあると、それに尾ひれがついたり予想外の流れが来て気力体力が無くなっていませんか?
他の惑星との角度による波動もあるのですが、ここでは木星の度数からの波動をチャネリングした内容をお伝えしておきます。
☆今年の1月〜3/11頃までは、「猜疑心、分裂、決裂、競争して人の足を引っ張るエネルギーが強い」です。
☆今年の3/12〜27までは(今年の6/23〜7/7も同じ)さらに「低級な波動が流れてきます。その為、犯罪、凶悪事件が増えます。また、火のエネルギーの陰の面が表面化するため、火山爆発、核の問題、地震などの災害の不安有り」。
この内容をアップすべきか悩みましたが、皆さんの平和の為に波動を変えていってほしいので、勇気をもって書きました。
私たちに出来る対処法や防止へのヒントとしては、「ハーブのラベンダーとマージョラムを身に付けること。アロマとして使うもよし、サラダ、お茶として飲食に。石鹸やシャンプーなどのボディケアに。これは植物療法です。
カラーセラピーとしては、青緑、緑、トルコブルーが助けになります。
ギリシャ語のψ(プサイ)を書くことで、波動を切り換えられます。文字を彫ったりアートとして応用するのも良い方法です。
「平常心」という言霊を思ったり書いたり話すことです。」これは不思議に強い盾となって守ってくれるでしょう。
どうか皆さんが、この言の葉を生かして平和の翼を纏ってくださいますように。
posted by 生支州 at 22:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

今日も私は明るく楽しい未来を見ています

3月になって、いきなり大雪が降りました。3月→雪というと、どうしても、あの日…5年前の3月11日を思い出してしまいます。
震災後の生活はみるみる一変しました。誰もが皆、経験した変化と傷跡…。復興が進んでも、その傷はまだまだ癒えません。

私の話になりますが、私は震災の前年と2014年に大病を患いまして、心身のダメージに加えて、急激な意識の目覚めがありました。
それからというものの、以前のように、趣味であるライブや観劇、温泉などを心から楽しむ気力が枯渇してしまいました。
生きているのに、楽しくない。何もする気力がない。それなりに、楽しむ努力はしました。けれども、どうしても楽しくない。無理をすれば、元の木阿弥。長年、寂しい状態が続きました。そこに変化が訪れたのが、去年です。インターネットのGyaOにて無料配信されていたアニメ「ハイキュー!」と出会いました。宮城県の烏野高校バレー部の少年たちが主人公の次世代王道漫画でした。幾多のハンデを乗り越えて逞しく進化していく姿に感動し、たくさん勇気と元気をもらいました。コミックスも全て読み揃え、グッズも密かに集めています。(特にセッターの地味で堅実な菅原孝支推しです。)今も週刊少年ジャンプで連載中の漫画を毎週、楽しみにしています。
最近は、同じく少年漫画の「黒子のバスケ」にも、はまっています。
影が薄いけれども、ひたすらバスケットを愛しチームの縁の下の力持ちに徹する、誠実で努力家な主人公の黒子テツヤ。彼と相棒の火神のプレイに出会う皆が、感化されて目覚め成長していく王道漫画です。出てくるキャラクター達がまた良いのです。「黒子のバスケ」は、本編は既に完結しましたが、特別版の「黒子のバスケextra」が少年ジャンプnextで連載中。3月3日発売号で、惜しくも最終回です。

まさか少年漫画に枯渇状態を救われて、こんなに夢中になるとは思っていませんでした。漫画の中の燃える青春が、今の私の元気の元なのです。若さと情熱の疑似体験をしているお陰でしょうか、毎日の生活に、ようやく励みと楽しみが戻ってきました。
以前と同じようには戻れないけれども、それは、しょうがないことです。
年もとっていくし、肉体も衰えていくから、ケアは大切です。忙しさに逃げていると、気がつくと燃え付き症候群になってしまう傾向がある私。変化する自分の心身とは、ちゃんと向き合っていかなくてはいけません。また最近、それを感じました。

人によっては、元気になれるものは違うと思います。映画や音楽に元気をもらえる人もいるでしょうし、好きなスターに夢中になるのだって良いと思います。
生き甲斐とまでいかないでも、趣味でもいいから、何かに夢中になることは、人生を豊かにしてくれます。仕事が趣味なんて言って頑張っていると、病気をしたり、仕事がうまくいかなくなった時が危機なのです。この文章が、今、枯渇状態におられる方のヒントになることを願っています。
今日も私は、漫画の少年達のパワーに生きる力をもらいながら、明るく楽しい未来を見ています。
posted by 生支州 at 20:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする