2017年01月03日

明けましておめでとうございます

毎年、恒例になった元旦早朝の温泉。今年は、お天気に恵まれて良い年明けでした。
健康で平和に迎えられることを有り難く思います。

お正月に読んだ絵本『翻訳できない世界のことば』(エラ・フランシス・サンダース)。表紙の可愛さに見とれて購入したのですが、読んでみて「表現しにくい気持ちを表してくれる言葉」との出会いもあり、また、文化の違いを越えて、心を映し出す素敵なフィーリングの言葉を知りました。
こんなにチャーミングな絵本なら、プレゼントにも最適。
今日は、この絵本の中の「オランダ語gezelligヘゼリヒ」について引用します。
〜単に居心地良いだけでなくて、ポシティブで あたたかい感情。物理的に心地よいという以上の「心」が快い感覚。たとえば、愛する人と共に時を過ごすような。〜
皆様も、温かくリラックスした心地よい時を過ごしていらっしゃいますように。

今年もどうぞ宜しく御願いします。
翻訳できない世界のことば

P_20161231_112755_1.jpg

posted by 生支州 at 19:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする