2017年02月11日

筋目の日シンボル・リーディングに寄せられた感想

1/28(新月)に誕生したばかりのリーディングですが、早くも嬉しい感想を沢山頂きました。
私自身、長くこの仕事をしてきて、こんなに幸せな気持ちでリーディングできる仕事は初めてです。寄せられた感想で、ますます励まされました。感想を下さった方々に了解を得て、内容を御紹介したいと思います。
●東京M・Iさん。
1/28のブログを見て直ぐに申し込んだのですが、届いたレポートの中の1/28新月のシンボルが「猛獣使い」でした。実は、私は長年、実母の介護をしています。勿論、母の介護は自分から望んでやっているのですが、正直、毎日のお勤めをしながらの介護は、身も心もボロボロで辛い日々です。 レポートを読み終えてから、母の顔を見ていたら、「猛獣使い」を思い出してしまい、ぷっと吹き出してしまいました。
そんな私の笑顔に、母も何か感じたのか、今日初めて「いつも有難うね」と云われました。
2/4立春のシンボルを見たら「笑う門に福来たる」でした。 まるで暦のシンボルが、私を導いてくれているようです。
これからが楽しみになりました。本当に申し込んで良かったです。有難うございました。

●宮城K・Iさん。
こんなにてんこ盛りの情報、時間や労力大変でしたでしょう。有難いです。
毎日、同じように時間に終われ同じ色の世界を流れるだけの生活をしているなぁと思っていました。 筋目の日シンボルは、自分だけの暦なんですね。新しい扉の鍵ですね。
各々の筋目の日に、その日のシンボルを紙に書き身に付ければ、そのタイトルの物語が始まりそうです。
自分だけの暦を丁寧に大切にしたいと思います。

●京都I・Tさん。
日々、忙しく過ごしていると、何気なく見たテレビやラジオでしか季節を感じられなくなりつつありました。
この筋目の日シンボルは、24節気、雑節、月の満ち欠けで季節の筋目を知ることの楽しみと、自分のシンボルに、まだ訪れていない未来の自分を待ち遠しく楽しみになりました。
私は、物事を悪い方にばかりかんがえたり、無理をしすぎて疲れたり、チャンスを逃しやすい傾向がありました。でも、このリーディングには善い言霊しか出て来ないのです。お陰で、何となく過ごしていた日々を自分への労りや調整へと軌道修正出来そうです。有難うございました。

●宮城A・Oさん。
二十四節気を始めとする中国古来の季節と日本語の美しさ。そして、西洋古来から発達した占星術がもたらす宇宙のシグナル。
その2つを融合させる生支州さんの愛。
シンボルのエネルギーに心が踊り、ワクワク楽しくなっときます。これからは、自分の心に灯を灯し、これから進む道先と自分の足元をそっと照らしてくれるでしょう。日々の生活を丁寧にしたいと思います。有難うございました。
posted by 生支州 at 12:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする