2018年06月07日

next teardrop/浜田真理子

浜田真理子さんの歌手デビュー二十周年記念の新アルバムを買ってきた。
真理子さんの歌は、独りで静かに聴くのに相応しい。とても哀愁のある、昭和歌謡とジャズとブルースを足したような音楽である。誰の歌をカバーして歌っても、浜田真理子節になってしまう唯一無二の歌手。
私の浜田真理子さんの歌との出会いは、もうかなり昔。ラジオから流れた誰の歌かも判らないけれど、胸が痛くなるような衝撃的な歌をずっと忘れられなかった。それが何年かたって、たまたまテレビの「情熱大陸」で真理子さんの特集をやっているのを見て、ようやく名前と歌を知った。私の探していた曲は「かなしみ」であった。
真理子さんの新しいアルバムを聴いたが、ぶれない、まっすぐに心に響いてくる歌声と、シンプルで無駄のない真理子さんの世界は、あい変わらず健在だ。
今日は、本を読みながら、ずーっと聴いていよう。
posted by 生支州 at 22:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする