2015年08月30日

薫りについて

家でも外でも、調子にのって珈琲ばかり飲んでいたところ、カフェイン過多だったようです。今年の春から夏、持病の喘息が二年ぶりに再発して苦しかったです。反省して、珈琲は時々、楽しむ程度に抑えています。
今、一番多くいただくのがジャスミンティーと緑茶。若い頃は飲まなかったのに、この頃はお茶がとても美味しく感じられます。
セッションの時は香炉で、緑茶にペパーミントやローズマリーなどを混ぜて炊いています。化学薬品の除菌剤は使うより、自然のものが体に一番優しく馴染むのがわかってきたのです。
それからシャンプー。以前は石鹸シャンプーをよく使っていましたが、この頃急に石鹸シャンプーを使うと髪の調子が悪くなったのです。色々試しているところではありますが、品によっては油っぽくて駄目なものや、逆にすぐ乾燥するものがあったり。年齢や状態で髪の毛のケアも変えていかないといけません。今のところ私の髪の毛に一番合うのが「マシェリ・モイスチュアシャンプー」です。ヘアマニキュアしたようなツルツル・ピカピカ状態になり気に入っています。ドライヤー前には、椿油と本つげでケアします。☆私のシャンプーの歴史。中学生の頃は、CMでピンク・レディーが宣伝していたシャワランの薫りが大好きでした。二十代になると少し色気が出てきて、カネボウ・サラが好きになりました。サラの薫りは今でも好きで、ボデイパウダーなどもサラを使っています。
posted by 生支州 at 08:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

天地始めて粛し

夏の気が落ち着き、万物があらたまる8月28から9月1日頃を七十二候では「天地始めて粛し」。粛と書いて、寒しと読みます。
立春から数えて二百十日目は、台風がやってくる日とされています。稲の収穫の頃に台風が来ては大変と、暦では注意を呼び掛けているのだそうです。各地で、作物の無事を祈る風鎮めの祭りが行われる頃になりました。
7月から8月始めまで、猛暑で毎日がくたくたでした。それが嘘のように、今月のお盆から秋の気配が漂う涼しさとなりました。
ラジオからは頻繁に、稲垣潤一の「夏のクラクション」が流れます。なんのドラマもなかった夏なのに、この曲を聴くと、終わった夏が名残惜しくなるのが不思議。仙台は、9月になるとジャズフェスがやってきます。
きっと、あっという間に秋色の街になるのでしょう。
posted by 生支州 at 22:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

ジュビターメッセージ

惑星のエネルギーを調べると、今年9月までは、天候の荒れや地震、噴火の他、テロの増加や心身症の人が起こす事件などネガティブなエネルギーが強いです。
☆救いはないか見てみました。海王星のプラスエネルギーにヒントがありました。
それは、『見るものがエネルギー』になるのです。自分に必要と思われる映像や風景などを極力選ぶか、空想、瞑想、絵画などでポシティブ・エネルギーを充電して下さい。芸術、芸能、アニメーションなどが周波数を変えます。
選んで下さい。特に寝る前のイメージングが大切です。気を付けて下さい。
posted by 生支州 at 05:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

涼風至る

大暑から立秋に変わる時期、七十二候では、涼風至るというのだそうです。
猛暑が続き、吹き出る汗と格闘する日々。それでも夕方になると時折、すうっと、どこからか爽やかな風が吹いてくるようになりました。
涼風が、秋が近いことを知らせているのですね。 夏は、いつもあっという間に終わってしまいますから。花火に、七夕祭り。風鈴。蚊取り線香。かき氷。西瓜。 この頃よく、こども時代を過ごした秋田の暮らしや風景を思い出します。
物質的には全然豊かではありませんでした。けれど今、思い出すと、あの時代のあの暮らしの中に、今は失ってしまった豊かなものがたくさんありました。
今のように、携帯電話やパソコンなどはなかったけれど、のどかで想像力に満ちていました。夏休みが楽しみで楽しみで。
年を重ねると、昔の想い出は美しくなるばかり。今は、瞬間瞬間を生き生きと過ごしたいという思いで、毎日を生きています。
8月は、7日を過ぎたら夜は窓を閉めるのが夏の過ごし方といわれています。涼風が至るので、秋の兆しが少しずつ近づいているのですね。お盆も間近。皆さんの夏休みが美しいものになりますように。
posted by 生支州 at 21:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

あなたへ・しあわせの言の葉

「何もしたくない、身も心も疲れ果てました」というクライアント様が増えてきました。
自分の限界以上に頑張りすぎてしまったのですから、当然です。
どうか どうか 休みをとって ゆっくり静養なさって下さい。
「以前なら、こういうときは〜をしたら元気になったのに…」と皆さん、おっしゃいます。
自分は変化しているのですから、以前とは違うのですよ。
どうか どうか 独りの時間を作って ご自分を労ってあげてください。
今まで本当に御苦労様でした。
しっかり休んでエネルギーチャージしたら、御褒美が必ずありますよ。

私たちが生きていく上で、言葉は欠かせないものです。どうか あなたに「生きる力」となる言の葉で 愛のぬくもりを与えてあげてください。
「しあわせの言の葉」(山下恵子)お勧めします。豊かな言の葉の茂る美しい風景が、あなたの心にも広がっていきますように……。

しあわせの言の葉

posted by 生支州 at 21:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

アイル・ビー・バック

久しぶりに長町モールで映画を観てきました。あの「ダダンダンダダン」の音楽で有名な【ターミネーター・ジェネシス】です。感想は、う〜ん見るかたによっては賛否両論になりそうです。まだ見てないかたのために内容は秘密。 私は単純に楽しめました。3D眼鏡かけて観ましたよ〜。それにしても、時代の技術が進むと何でも出来るものでございます。ターミネーターが上映された時に36歳だったシュワちゃん。あれから30年。3やら4やらクロニカルまで、ターミネーターも続編ありすぎてナンじゃ理由わからん状態でしたが、やっぱりシュワちゃんが出演すると、決まるゥ〜。 スターウォーズやアメコミ・ヒーロー、Xメン・シリーズなどのSF映画は、私の大好物。エンターティメントは本当に元気をくれます。 それにしても面白かったのは、平日の朝だったからか、年配のかたが一人で見に来ているのが多かったのに驚きました。年を取っても、独り優雅に映画鑑賞とは、素敵ですねぇ。今回は、席も一番後ろの真ん中で鑑賞できて大満足。シュワちゃんのギャグ・シーンに観客のみんなが爆笑。これが映画館でしか味わえない醍醐味でしょう。素晴らしい休日の充電でした。
posted by 生支州 at 06:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

ジュピターメッセージ

【世の中の波動】を知らずに、集団意識のマイナス波動に巻き込まれて病気や閉じ籠り情態になっておられる方が多くなってきています。私達を動かしている目に見えない波動を正しく知ることは必須のようです。インターネットなどの電磁波や悪意のある言霊にやられていることが特に原因しています。今、私のセッションにお越しの皆様に(通信も)無料で差し上げているのが、手書きで沢山の情報が詰まった【世の中の波動&対策レポート】です。必要な方々の手に渡り役立つ事を願っています。
ゼロの境地でいることが大切です。マイナスに気付いたならば、目を背けずにきちんと対処をしましょう。全てをプラスにだけ見るようにしていると、足元を見られ利用されたり、騙されたり、痛い目にみることがあります。 時には逃げることだって必要です。思い切って休んで切り替えることが必要な方もいるでしょう。そして、なかには戦うことが必要な方もいるでしょう。別の道を真剣に考える時が来ている方も多いでしょう。選択肢はひとつではないのです。方向転換や新しい風を取り入れて生まれ変わる時期なのです。
表と裏の両面をバランス良く見て、何事もほどほどに。 この言の葉に響く方がいますように。あなたが平和でありますように。
posted by 生支州 at 05:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

最近の嬉しいこと

嬉しいことを数えていたら、結構たくさんあることに気付きました。そして、それを思い出していると自然と笑顔が出てきます。ささやかな楽しみが身近にたくさん潜んでいます。
私の最近、嬉しいこと
その@肌が綺麗になってきました。お化粧のノリが違います。原因を考えて、思い当たりました。 春に秋田にいった際、道の駅で買った「玉川小町の化粧水(オーセンネット)」という、玉川温泉のエッセンスを使用したものをずっと使っているのです。興味がある方は、市販されていないので通販で探してみて下さい。☆白樺の樹液とマヌカハニーに16のハーブエキスが入った化粧水で、防腐剤が入っていないため日持ちがしません。冷蔵庫に入れて使用しています。余計なものが入っていないのは[日持ちがしない]のが原則です。 以前は、肌の具合が悪いのを隠すために、いろんなものを塗りたくっていました。色々学びまして、今は足し算から引き算になり、塗るのではなく中身やベースを整えることを一番にしています。
そのAかなり昔に見たクライアント様が、節目の時のようで、この頃、多くなっています。月や土星の動きが関係しています。ホロスコープ通りの流れが来ているのが不思議。8月11日の木星移動も楽しみなことです。
そのBブルーサファイアの指輪。チベット占星術では、土星の影響による凶運から守るといわれています。私は、ホロスコープ上で土星の影響を多く受けるため、最近はずっと身につけています。やっぱり違うのです。私の場合は、手相まで変わりました。精神面や愛情面、その他能力面にもいい影響がありました。
そのC今年から、緑茶を香炉で焚いています。薫りが良くリラクゼーション効果があります。癒される〜。緑茶は殺菌効果が高く、ウィルスなどにも対応するためセッション会場で焚いています。クライアント様にも大変好評です。焚くものとして、ハーブやレモンの皮などもお勧めですよ。
posted by 生支州 at 05:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

腐草蛍と為る

6月10日〜15日頃を七十二候(旧暦)ては[腐草蛍と為る]と呼ぶそうです。
蛍が灯りを灯し、飛び交う頃は、昔の人は、腐った草が蛍に生まれ変わると信じたからなのだとか。幻想的で素敵ですね。
私も、この時期は生まれ変わる時期にぴったりな気がします。
梅雨のじめじめした時期であっても、しとしと降る雨の儚い音が私には優しく響き、何故か熟睡出来るのです。
この頃、気に入っているものを徒然なるままに書きたくなりました。
☆トマト。今の時期はフレッシュで美味い、美味い。毎日、沢山食べています。太陽の恵みですね。 ☆高野山の胡麻豆腐。余計なものが入っていない、もちもち、ふわふわと素朴な味です。色も暖かみあるアイボリー。この頃は【何が入っているかではなくて、何が入っていないか】という、足し算から引き算へと変化しています。食品だけでなく化粧品や石鹸、シャンプーなども同じ。【余計なものが入っていない天然物の法則は、日持ちがしない事】。 食品もまとめ買いだと、食べきれず処分の場合があるから、その日に必要なものを少しだけ。 手間隙がかかるけれど、自分や家族の健康を思い、不器用だけど毎日、できる限りの努力をしています。
☆音楽【今井美樹/カラーズ】今井美樹はモデルの頃からファンで、アルバムも彼女独特の世界観があり癒されています。沢山アルバムを持ってるけれど、今までの中で今回の新アルバムが一番好きです。
【RAE MORRIS /unguarded】YouTubeで聴いてから虜になりました。一度聴くと、忘れられない声とメロディーライン。本物の迫力を感じます。
【トバイアス・ジェッソ・Jr/グーン】どんな音楽なのかは知らないけれど、ジャケットの繊細な顔にキューンときて買いました。私はこのパターンが多くて、たまに失敗することもあるのですが、聴いてみて「大当り!」と感動。このアルバムの中にあった誕生秘話を読みました。2年前に、彼は恋人に突然別れを告げられ自暴自棄となり、飛ばしたバイクで衝突事故を起こし怪我をした翌日、母親が癌になったことを知らされたそうです。
失意のままピアノに向かって曲を作り、自身が見た夢を綴った「jast A DREAM」を憧れのバンド、ガールズのチェット・jr.ホワイトに送ってみたところ、なんと1時間も経たないうちにメールで返事がきて、彼に惚れ込まれ世に出る事になったのだとか。 本物によくあるミラクルですね。 私がこのアルバムを聴いて感じたのは、古きよき時代のフォークソングのような薫りでした。サイモン&ガーファンクルやジョン・レノンをインスパイアしたような雰囲気があります。
【ローラ・ニーロ/ゴナ・テイク・ア・ミラクル】 71年の作品。R&Bやソウルのスタンダードのカウ゛ァーになっています。そこはかとなく感じる哀愁を帯びた彼女の歌声に酔いしれます。
posted by 生支州 at 22:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

ジュピターメッセージ

世の中の波動が激変しております。色々な準備や波動調整が必要と思いまして、少しでもお役に立つことを願いアップします。
〜惑星からのエネルギー解読(度数からチャネリングしました)です。『木星→5月28日〜6月4日までが「時空断絶」という地震、火山噴火、台風などの天地の異変の波動。』 『加えてドラゴンズヘッド(地球磁場や私達の運気の軸線です)→6月3〜6月15日までが「波状攻撃」といって、次々と重なる波動。』となっております。
☆宇宙は陰陽バランスになっているので、同時にプラス波動もきます。『破壊と再生の星である冥王星〜6月6日〜7月17日までに「古代再生・神々鈴生り」の再生・復活エネルギーが次元を越えて助けにくるため、神々や自然と共生していた時代のエネルギーが、神官やシャーマン達の祈り・舞いによって蘇ります。』☆私達一人一人に出来ることは、遺伝子組み換えや科学薬品などではない【無添加・天然素材・リサイクル】を見直して生活に取り入れることや【神社仏閣で浄める】などが良いようです。 あなたが平和でありますように。
posted by 生支州 at 05:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

嵐のあとで

2014年4月に起きた【天体グランドクロス現象】。この時の世の中の波動は『初期設定。ゼロになる。正真正銘の軸を創る。』でした。 私自身も「もう本当にやりたいことだけに絞って、今の自分に見合ったライフスタイルに変えていくのだ」と決心しました。そして、あれから1年と少し、調整しながら仕事を減らして参りました。
今年の3月末から5月始め。私に、嵐がやってきました。春の解毒と浄化が始まり、心身や霊的な波動が大幅にシフト。沢山のインスピレーションもやってきましたが、この嵐は、忘れられない出来事も私にもたらしていったのです。
☆始まりは4月に東京出張した際。全てのセッションを終えた帰り道、突然現れた盲人(白髪のご老人)が、なぜか私の歩く先を塞ぐように杖をドンドンたたき、通らせてくれないのです。おまけに何かモゴモゴ話しかけてもきました。その言語は宇宙語のような感じで、さっぱり理解できません。流石に気味が悪くて、何とか振り払って逃げてきたのでしたが…。
仙台に戻ってから数日、駅前で買い物に出掛けた日の事。歩道橋の前で、あの東京で会った盲人がまた現れたのです!何度も見ましたが間違いなく、あの盲人でした。びっくりする私に、杖をまたドンドンとやります。ただし今度は、はっきりと判る言葉で「休養、休養、嵐の準備。」と呟きました。唖然としていたら、いつの間にやら盲人は通り過ぎていきました。こんなファンタジー映画のような事があるなんて! その後、私がどうなったかというと、あれよあれよと体調が崩れていったのです。数年ぶりに酷い喘息にかかり、点滴を受けて何日も寝込むほどの【文字どおり休養】です。あぁ、これが嵐か。
食も通らず、寝れず、咳に苦しみ、寝てばかりを何日か過ごした5月連休が明けた時、奇跡が起こりました。といいますのは、実は私、一昨年に大病で入院し味覚臭覚を失っておりました。生きる喜びが半減したような不自由な日々でした。それが突然、味覚臭覚が戻ったわけですから、地獄から天国のよう。 それからは何を頂いても美味しくて、風の薫りすら愛しく感じてしまいます。失って初めて知る『当たり前の感覚 』の幸せ。経験しなければわかりませんでした。
☆気になってホロスコープを調べてみました。『今年の4月17日〜9月25日は私のホロスコープの第1ハウス(肉体の強弱)に入っている冥王星(破壊と再生の星)が逆行中であり、破壊され失ったものを取り戻し再生する』ステージでした。このような嵐を経て【全てのセッションのバージョン・アップと改定】が行われる事になった次第。
☆今年の8月11日は木星移動の日です。木星移動は、誰にとっても運気の節目となる変化の起点です。そして、その日の私のホロスコープの第10ハウス(社会運・天職)にある星の運気シンボルを調べてみました。☆木星(幸運と成長)は『登竜門に立つ』。月(直感・人気)は『共鳴磁場』。冥王星(再生の星)は『公開。天下無敵』でした。大改定の日は8月11日で間違いないと直感しました。
☆みんな宇宙の中に生きています。そして、誰の中にも宇宙があります。このような不思議な体験をしたからといって、私が特別なわけではありません。ひとそれぞれ体験することが違うだけです。ただ、その体験をどう生かすかは自分次第だと思っています。
私の紡ぎだす言の葉が、皆さんの中の宇宙に響きますように。
posted by 生支州 at 05:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

静寂な時間

この頃は、静かでシンプルなものが一番落ち着きます。本でも音楽でもインテリアでも、ただ傍に寄り添っているだけのようなものばかりを探している自分に気付きました。
とどのつまり、独りでいる時間が好きなのです。「凪ぐ」という言葉がありますが、まさにそのような穏やかで平和な時間を持てる時は、このうえなく至福を感じます。そんな私に静寂な時間を創ってくれる本を一冊と音楽を3つ紹介します。本は『やまと言葉で哲学する』(竹内整一)。柳田国男が『涕泣史談』の中で、[かなしい]という言葉は、もともとは感動の最も切なる、見に染み入るような強い感覚を表す言葉であったのに、現在はただ悲哀の意味だけになってしまったと書いていますが、柳田国男のその言葉がきっかけで書いた本なのだそうです。日本人は本来、かなし→愛しというやまと言葉で使っていました。真の日本語は美しいですね。 音楽は「ピアノ・エ・ヴォイス/アンドレ・メーアリ」上質なピアノと歌が哲学的な時間を造り出します。 「マイ・ファニー・ウ゛ァレンタイン/スティング」映画の中で使用されたスティングの音楽集。情景が鮮やかに蘇ります。 「メモリー・スィート/ヒルデ・ヘフテ」静かなワルツとボサノウ゛ァが淡い短編小説のように深く心に染み入ります。

やまと言葉で哲学する: 「おのずから」と「みずから」のあわいで
posted by 生支州 at 06:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

ジュピターメッセージ

思う言葉、伝える言葉に気を付けて下さい。言霊が心身に響きます。ネガティブな言霊に気付いたなら、直ぐに訂正して明るい言霊に転換すればいいのです。 例えば、「あぁ嫌だ嫌だ]→「お疲れさん、まぁ、リラックスしていけば何とかなるさ 」という具合に。ユーモア、気転、逆転の発想など、出来うる限り軽快になるように工夫する習慣をつければ、いつのまにか重苦しい波動パターンも軽く明るく変化してきますよ。便利なのは、音楽や香り、お茶を飲んでリラックスなど。気を変えてしまえばいいのです。さぁ、やってみましょう。暗いものを取り入れてしまったら、直ぐに、明るいものを選んでみて。継続は力なり。
posted by 生支州 at 05:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

再生された MD

桜、咲きましたね。見つける喜びがあるのが春。大空に向かって、てのひらを広げるように咲く木蓮も、やはり春の花です。晴れた日には、私も木蓮のように空を見上げたくなります。★今、部屋ではMDから音楽が流れています。震災の時に田舎に運び、仕舞いこんでいたMDを、何回かに分けて自宅に持ってきました。今は小さなウォークマンで音楽を聴くのが当たり前だったのが、昨年、田舎に行ったとき、部屋の隅っこで埃にまみれて淋しそうにしていたMDプレーヤーとMDの山を見つけた。何だか懐かしいのと愛しい気持ちで一杯になってしまいました。
震災が起こる前まで住んでいた自宅は、図書館から1分の場所にありました。色んな思い出を彩ってきた場所です。本と音楽をいつでも借りられるのが当たり前だった日々。震災がなければ、きっと今でも同じ日々が続いていたのでしょう。
あの日、図書館から借りていたCDとDVDを返返却してきた一時間後に、震災がありました。あの日のCDはナラ・レオン。DVDはイタリアの修道院の奇蹟の話「マルセリーノの詩」でした。いい音楽を発掘するのが楽しくて、せっせと借りてMDに録音していましたが、その数は気付くと数百枚。建物の崩壊により、図書館も自宅も、引っ越して遠くなりました。私にとって本と音楽は歴史です。春を愛でるゆとりが有り難くて、今、色んな思い出を振り返りながらMDで音楽を聴いています。
今日、「ギターひとつの部屋で」 (ナラ・レオン)を聴きながら、 移り変わっていく流れの中で、とても優しいきもちでいます。
posted by 生支州 at 16:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

詩人・吉野弘さん

吉野弘さんは、山形出身の詩人。残念ながら昨年の1月にお亡くなりになりましたが、ぶれない美しい詩を書かれる方です。 読んでいると、みるみる心が洗われてきて、肝が座り、しゃんとする。やわらかさと逞しさ。そして透明感。私が特に好きな吉野さんの詩の「奈々子に」の一節を抜粋します。 『唐突だが 奈々子 お父さんは お前に 多くを期待しないだろう。ひとが ほかからの期待に応えようとして どんなに自分を駄目にしてしまうか お父さんははっきり知ってしまったから。お父さんが
お前にあげたいものは 健康と自分を愛する心だ。 ひとが ひとでなくなるのは 自分を愛することをやめるときだ。 自分を愛することをやめるとき ひとは 他人を愛することをやめ 世界を見失ってしまう 自分があるとき 他人があり世界がある。 お父さんにも お母さんもにも 酸っぱい苦労がふえた。 苦労は 今はお前にあげられない。 お前にあげたいものは 香りの良い健康と かちとるにむずかしく はぐくむにむずかしい 自分を愛する心だ。』 何度読んでも、清々しく愛しい詩だなぁと思います。
【ハルキ文庫/吉野弘詩集】鞄の中にちょこんと入れて読めるサイズです。誰かの心の起点になりますように。
posted by 生支州 at 06:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

あなたへ

今まで何度もこのブログにて書いてきたことですが 、必要な方がおられるので、また書いてみます。 「 早く運気を上げたいとか 成果を出したいから方法があったら教えてほしい。」あるいは 「どんな本を読めば成功できるか?」 という質問がありました。 ☆応急処置で急に運が上がるわけがありません。どんな本を読んでも、為になったり気付きを得られることはあっても、行動しなければ何も変わりません。 全てに時があります。(人各々のタイミングがある) 喪失や挫折から這い上がるには、とことん底まで落ち込んで、その状況を受け入れる段階まてこなければ、変わる時はやってこないのです。 切り換えが早い人もおれば、物凄く時間がかかかる人もいます。受け入れる、諦める。今あなたのいる段階の器を空っぽにしなければ、新しいエネルギーが入らないからです。 どんなに苦しくても、自分が選んだ人生です。苦しみの後には必ず夜明けがやってきます。
切り換えをスムーズにしていく方法はあります。断食。断捨離。引越し(必ず吉方位に)。模様替えなど。出して空っぽになれば晴れてきます。 辛さがあるうちは、誰かに話を聞いて貰いましょう。同じ思考でぐるぐるジメジメしているよりも、まずは行動です。


ご連絡
今月に携帯メールにてリーディングの予約問い合わせ頂いた方で、受信拒否設定をされていて当方の返信メールが届きません。そうこうしている間に予約スケジュールが埋まっていきます。このブログを見て、気づかれましたら、設定を変えて再度、ご連絡下さい。
posted by 生支州 at 05:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

梅に鶯

「七十二候」という 暮らしの季節のこよみがあることを知りました。この頃、昔の美しい日本の言葉に惹かれます。
駅前の書店の新書コーナーで、春を感じる美しい鶯色の表紙に、目を惹かれました。『七十二候の見つけかた』(白井明夫)という本でした。前書きにあった短い言葉に、私の心の中に美しい風が吹きました。「昔、一年に七十二もの季節がありました。 それは、ほんの五日ほどで変わっていく季節。 ささやかな自然の兆しに目をこらすと、 ふだんの生活のそばにこまやかな折々の表情が見えてきます。」 まるで詩のような響きだなと思ったら、沖縄在住の詩人さんでした。 この本をめくってみたら、春のこよみの中に「梅に鶯」というものがありました。梅の花を春告草と呼ぶそうですが、同じように鳥には春告鳥がいます。七十二候の春の二番目に、梅花かんばし という季節があり、今は、うぐいす泣く と呼び名が変わったのだそうです。春先に小鳥の姿を見かけると心がほっこり和みます。春の薫りに、心がうきうき。梅の蕾がほころぶ日は、きっともうすぐ。





posted by 生支州 at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

リフレイン

ここ一週間ほど、違う選局のラジオでも、たまたま入ったお店でも「ガロの学生街の喫茶店」が何故か頻繁に聴こえてきます。お陰で頭が「とっきは、流〜れ〜た〜」のフレーズがずっとリフレイン。 今、昔のフォークソングが流行っているみたいです。最近の日本の音楽は訳がわからないのですが、昔のフォークソングは、今、聴いても新鮮に聴こえます。素朴なのに熱いメッセージ。一瞬で昔の自分に戻るのは何故でしょう。じわじわ心に染み入ります。 私の青春時代のフォークソングは、NSP 谷山浩子 ユーミン かぐや姫など。皆さんの青春時代の音楽は何ですか?
リフレイン。
この頃、仙台セッションに昔のクライアントさん達が来られています。 4月の東京セッションも随分昔に見た方の予約がちらほら来ております。リフレイン。今はそんな周期のようです。
☆4月の東京セッション、あと2枠の空きがあります。そろそろ周期の方のお越しをお待ちしています。






posted by 生支州 at 11:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

正真正銘

トニ・ブラクストン&ベビーフェィスのアルバム「恋愛〜結婚〜離婚」がグラミー賞を取りました。以前、このブログに、このアルバムが素晴らしいことを書いたことがありましたが、トニのグラミー賞は、自分の事のように嬉しかった。
離婚し、大借金に、大病と絶望して芸能界を引退する宣言をしていたトニを、ベビーフェィスが引き留めて生まれた、起死回生のアルバム。二人の熟練の実力もさることながら、聴く者の心を震わせる力が、このアルバムにはありました。正真正銘であるならば幾多の困難にも打ち勝てる力があるという証明ですね。 私のグランドクロスによる天職シンボルは【9次元に響く言葉】。話す言葉、書く言葉が心に響くように、私も正真正銘になっていきたい。以前も紹介しましたが、友人知人の間でも人気のアルバムです。トニ・ブラクストン&ベビーフェィス「恋愛〜結婚〜離婚」特に一曲目の「ローラーコースター」は、一回聴くと頭から離れません。

恋愛~結婚~離婚

posted by 生支州 at 07:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

水星逆行の落とし穴

東京出張から戻った翌日の2月10日。この日は今年の1回目の水星逆行最終日でした。郵便局の帰り道、段差のある横断歩道で、信号が赤に変わりそうになり走って渡ろうとしたら、凍った地面に躓いて転び、顔面左を強打してしまいました。幸い怪我のみですみましたが、左目の近辺だったため左目を眼帯付ける事になってしまいました。眼鏡も新しくしましたので、多分暫くは眼帯付けて眼鏡です。急な怪我の為、セッション日を変更してしまった皆様、ご迷惑をお掛け致しました。お見苦しい姿になってしまいましたが、仕事には支障はございません。皆様、どうか会ってもビックリなさらないで笑って下さいませ。

ところで、私のホロスコープの「災いや秘密のハウス」 には「只では転ばない」という言霊があります。今まで大病で二回死にかけて、その二回とも不思議なインスピレーションを得て新リーディングが誕生しました。今回は入院はなく3日間の安静だったのですが、また宇宙図書館へ旅してきてしまいました。色んな映像を見せられ、ホロスコープのリーディングへの対処法など沢山の情報を仕入れてきました。それにしても、普通に宇宙にアクセスできないものか。言霊通りの自分にビックリです。☆今回の私の怪我が起きた当日は、ホロスコープの第3ハウス(近距離の移動など)にあった水星(交通など)が逆行中でした。逆行中はリズムが狂うことを知っていたのに、信号機の点滅で油断してしまったわけです。今後は、走らずゆったり行こうと反省。
今年はまだ二回、水星逆行があるので皆様も気を付けましょう。決して焦らずいそがず、です。
posted by 生支州 at 14:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする